KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

ただ書いただけの日記4

大阪市内ならどこでも電車で行けるという訳ではない。線路の敷設は進んでいても実際に人を載せた電車が通るのはまだ当分先、といった地域がある。それでわたしは市内へとクルマで繰り出すことにした。運転しつつ知ることになる。今日は天神祭。不思議なこと…

音楽に彩られた日曜日

日曜もジムを欠かさない。この日もColdplayの世界にひたって走った。いい音楽に身を浸しながら走るのは一種の官能体験と言えるだろう。ただただ気持ちがいい。時折、鳥肌が立つ。U2のサウンドをはじめて聴いた10代の頃を思い出す。Coldplayといえばかつて家…

桃太郎の映る写真を金太郎に転送した

7月9日を初日にかれこれ2週間になるが休んだのは14日の夏会の日一日だけである。三日坊主圏はすでに突破しジム通いは習慣になったと言っていいだろう。その代わり、以来、和らかの湯へ足を運ぶことがなくなった。一つ習慣が根付けば、押し出されて消える習慣…

離れてはいても同じシーンのなかにいる

南森町で電車を降りエスカレータに乗ろうとしたとき、右後方から誰かがこちらに走り寄ってくる気配を感じた。戦慄覚え身構えたが、カラダをぶつけてきたのは家内であった。たまたま同じ電車に乗っていてわたしを見つけ走り寄ってきたのだった。わたしは仕事…

放課後の時間がいつまでも続く

本屋で時間を潰していると偶然33期の友人と出くわした。聞けば赤本を買いに来たのだという。先日の夏会では子らの受験話で盛り上がった。まだ当分先のことだが彼も男子の父としていずれ当事者になる。それでこのところは赤本買って算数の問題を解いていると…

忙しく楽しい

水曜日はエクスカージョン。この日はウェールズの首都カーディフを訪れたようである。深夜に息子から連絡が入ってそれで目覚めた。向こうは夕方。家内とともにラインの画面を注視し、そこに映る風景のなか過ごす息子に思いを馳せた。どう?と聞く親に対し、…

いったい何と戦っているのだろう

大阪下町育ちであり、親も輪をかけてのコテコテ生粋の下町っ子。なおかつ別段東京などで暮らした形跡もない。それなのにそんな相手から大阪弁とはまるっきりトーン異なる山の手言葉が発せられると心持ち耳に障って居心地悪く感じられることがある。実際もし…

続けることに優るものなく道はまだまだ続く

連休最終日、家内はメキシコ料理に腕を振るった。ジムから戻った長男が先陣切ってタコスを手に取った。頬張りながら何度もうなずきサムズアップし彼は絶賛の意を表した。明日の朝食もこれでいい。彼はそう言った。わたしも彼に続く。トルティーヤのパリッと…

血湧き肉躍るアナザーワールド

日本語のメールが来ると鼻白む。そう長男から言われ、以後、英語でメールするようになった。一年ほど前のことである。当時、彼はカナダのゲルフに滞在していた。極寒の時期であり、学校のプログラムとは別行動。単身乗り込み、現地校に転入する形で地元生徒…

子育てが一段落し視野が外に開いていく

ジムでトレーニングしているとこちらに真っ直ぐ近づいてくる人影があった。家内であった。ジムのセキュリティをかいくぐっての予期せぬ出現でありわたしは大いに驚いた。市内でヨガを終えての帰途、事務所近くの商店街で買い物しようと思ったが財布を忘れた…

大阪星光33期夏会2017年

夏会やから行かなあかん。知らせがあったときセノーくんは即座そう思ったという。このことから察せられるとおり、大阪星光33期夏会は恒例行事として定着しつつあると言っていいだろう。だからついこの間みなで顔合わせて食事したばかりであっても、夏会だよ…

健康リテラシーは子が勝る

帰宅し果肉たっぷりの梅ジュースを飲む。滅多にお酒を飲まなくなって、家で飲むものが様変わりした。たっぷり運動し湯につかり、カラダ喜ぶ健康ジュースを毎夜飲む。若い頃からこんな風に暮らしていれば、もうちょっとマシな男になれたのかもしれない。大学…

他人から奪い取って保つ類の自尊心

駅を降り、いったん家に立ち寄る。昼過ぎの時刻、直射日光のもと歩くと頭が吹き飛びそうなほどの暑さである。涼を求めて家に駆け込んだ。ちょうど家内も戻ったところだった。この日午前は地域ボランティアの活動があってお年寄りのため料理を振る舞ってきた…

男子特有の簡潔手短な応答

仕事を終えジムに寄る。たっぷり走った後、マシンを渡り歩いてカラダの各所パーツをバーストさせた。なんて素晴らしいひとときなのだろう。ジムの手狭なシャワーは使わず近所の銭湯の広々とした湯船に身をひたす。カラダをたっぷり動かした後は特に、湯上が…

習慣化という方程式

鞄に水泳セットを忍ばせ行き先にプールがあればそこで泳ぐ。駆け出しの頃はさほど忙しいわけでもなかったので、そんなのどかな過ごし方が可能だった。いつしか煩忙の波が押し寄せそんな牧歌的な日常は掻き消えた。それでも週末はそこそこの距離を走るなどし…