KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

ラグビー復帰の顛末は。

今朝明け方タスクノートに記載した4つの、とても気の重くなる課題がいま仕上がった。すっーと肩が軽くなる。

子らからそれぞれの日曜についての情報がiPhone通じ伝わってくる。

例の如く釣りに興じていた長男であったが視線の向うで繰り広げられるラグビーの練習を見ていてもう我慢できなくなったらしい。

釣り道具をそのままに練習に参加させてもらえないかと直談判し快諾を得るとスパイクとヘッドキャップを取りに自宅へと急ぎ、昔取った杵柄、注目集めるほどには活躍したという。

しかし、やはりブランクが影響したのだろう右手薬指を負傷し病院で診察受けたところ腱を断裂したということだ。

男であるからたまに生傷あっても仕方ない。骨折など大事に至らず幸いであった。

そろそろ支度し、自宅まで歩いて帰る。

今夜はご馳走、各人バラバラに寄せてきた情報について食事しつつ直に詳細を聞くこととしよう。