KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

野田・鮮や丸にて一人飯

仕事終わって寿司屋のカウンター。
経済格差をそのまま反映してネタのいいところは全部東京の一極集中だという。
特にマグロは根こそぎ持って行かれる。
その間隙を縫って職人がおこぼれを争い取り合う。
その戦果の一品が根室のサンマ塩焼き。
焼き上がるまでハイボール飲みつつ待つ。

これは絶句するほどの美味しさであった。感激。