KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

野田の銭湯の入浴マナー

波打ち際アイドルが両手で水掬って飛沫散らせるみたいな要領で爺さんは自らの身体にぴしゃとだけ湯をかけ、なんとそれだけで湯船に入ってきた。

掛湯にも種々流儀はあるにせよ爺さんそれじゃああんまりだ。

許容範囲だと見て見ぬふりもできず私は入れ替わりに湯船から上がって身を震わせる他なかった。