KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

二男を迎える

Sting の MoonOverBourbonStreetを流し二男の塾に向う。

夜に瞬くあれやこれやの光を単に感知するだけの受像器のごとく無思考に沈んで薄らぼん やり車を走らせる。

明方4時の頭痛を薬で抑え一日乗り切った。

南森町コーヨーで買った助手席の白ワインが今夜の友となる。

今、最良の時間である。