KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

家内と立花の正宗屋に寄ってみずきの湯に向かう。

夕刻家内から電話がある。
どこで飲むの?
今日クルマを置いて出勤した。
私の魂胆はお見通しであった。
布施か鶴橋と答えるが力関係から待ち合わせは立花となった。
創業1969年、私の生まれ年と同じ正宗屋に向かう。
夫婦週末ひっそり過ごすのであれば場末に限る。
舌肥ゆる我ら飽食夫婦であるが正宗屋は十分過ぎるほどに及第だ。
子等について質疑交わし今みずきの湯。
平和な時間が今日も流れる。
余韻に浸って家内の湯上り待ちつつ休憩室でビール注文する。
お代わりする時間までありそうだ。