KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

卒業まで続けた班ノート

先日の夏会、対面に座ったワタルは開口一番「班ノート」について切り出した。

最初の「班ノート」では私と同じグループだったという。

私には全く記憶がない。

ワタルが言った。

オーチャンの文章は感動的だった。特に衣替えの話は忘れられない。

私はすっかり忘れている。かけらも記憶がない。

衣替え、、、全く見当もつかない。

「班ノート」について、ワタルの語りは止まらない。

そして思わずじんと来る、私の心の琴線に今も触れっぱなしの事実と出合うことになる。

課題としての「班ノート」が終わった後、宿題でも何でもないのに、最後の最後までワタルの「班ノート」に付き合ってくれた人物があったというのだ。

石本佳之姜ちゃんだ。

「なあ、石本ちゃん」とワタルが向こうに座る石本に声をかけると、石本がにこりと笑って、ああそうだったね、と手を上げた。

なんていいやつらなのだ。星光の空気感を伝えるにまさにおあつらえ向き、ドンピシャのエピソードではないか。

ワタルの語りはまだまだ続く。

姜くんは「班ノート」で阪神タイガースの話ばっかり書いていた。

やっとそのタイミングで私は間の手を入れることができた。

「今もそうやで」

姜くんのtumblrのタイトルは「今日の阪神」。

姜くんは、当時からずっと「きょうの阪神」について書き続けているのだよ。