KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

夏が終わった。

木金と二日続けて大雨の明け方であった。

朝五時ともなれば街の隅々まで光に照らされる夏は終わってしまった。

暗から明への移ろいはますます緩慢となり朝が次第次第薄暗さに侵食されてゆく。

滅入るようなこの季節、家族なしではやりきれない。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20160527070557j:plain