KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

まもなく仕事納めで歓喜の大団円

午後に入って仕事に精細がない。
ちょっとした作業が重たく感じる。

師走最終週に備えコンディションを整えねばならない。
仕事を一旦休止し、野田阪神のりらくへ向かった。

今日施術してくれたタマリさんに感謝である。
本当にカラダが楽になったし軽くなった。
90分ぶっ通しで手抜きの一切ない、渾身のもみほぐしというしかない。
おかげで、ポンコツ気味のカラダとアタマに英気が戻った。

全力疾走で師走のラストを駆け抜けることができそうである。

間もなく、大喜びの大団円。
谷深ければ山高し。

頑張るというのは、歓喜の積立預金みたいなものなのであろう。
もうすぐ一旦満期で狂喜乱舞の利息を堪能、ということになる。

にやけてしまう。