KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

耳は脳の取っ手のようなもの

雨降る直前にジョギングし終えた。
夕飯は野菜たっぷりのビーフシチューに夢屋のパン。
帰宅したばかりの長男と向かい合って食べる。

勉強する合間合間、彼はカラダ動かさずにはいられない。
来月、関西地区の春季大会に出場するという。
会場は滋賀。

家内と連れ立って観戦に訪れることになる。

時間があれば進路について話し合う。
イエスマンとならず終始わたしは反論する側に回る。
まずは最初の関門となって立ちはだかる。

老兵など易々組み伏せ踏み越えるべし。

激しく降り出した雨をものともせず長男は西北へ向かった。
入れ違い、びしょ濡れになって二男が帰宅する。

わたしは晩酌がてら二男の夕飯に付き合う。
中間テストが終わって今日から新入部員が加入した。
予想に反し9人もの後輩が入部した。

これでいよいよ二男も先輩だ。
先日、セノーくんにいい面構えだと大絶賛された二男であるが、ますます成長が加速され男っぷりを増すことになる。
次回、河内長野で二男と顔合わせる機会があったとき、セノーくんは震えさえ覚えるに違いない。

食事終え、二男と並んで映画を見る。
アクション映画の不朽の名作、スピードだ。
20年も昔の作品だとは思えない。
展開と映像も今最先端のものに全く引けを取ることながい。

映画を見つつ、耳リフレをしてもらう。
耳は脳を手づかみにできる取っ手のようなもの。

全身のツボの3分の1が耳に集中し、感覚器として神経に間近で直結している。
だから、耳に触れば疲労を直接鷲掴み、生け捕りにしてチョチョイと丸ごと除去できる。

そうこうしている間に長男が戻る。
耳リフレはいいよと声をかける。

細胞分裂かまびすしい10代のいまは不要であろうが、いつかこの先、疲労というやつに足をとられることもあるだろう。
そのとき、耳リフレでとろけていた父の姿を思い出すはずである。

耳をほぐせば、朝の爽快がいや増しとなる。
寝起きが楽だと幸せだ。

部活の朝練に向かう二男は既に起きだしている。
その姿を横目に、わたしも10代みたくカラダ軽やか支度する。

朝を迎え撃つ、そんな前傾姿勢で家を後にした。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20160527114554j:plain