読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

別世界にて魚群と過ごす

夜明け前、部屋の前に広がるビーチを走る。

iPhoneから流れる日頃聴き馴染んだ音楽がやや場違いに響く。

 

真っ暗な空が深みある青へと次第に鮮やかさを増していく。

素晴らしい一日が到来する予感にゾクゾクくる。

 

前日のビュッフェでだいたいの狙い球は絞れた。

的確迅速に動き、目玉焼きの焼き加減を伝え、ヌードルの具を伝えなどして適切な分量の朝食でテーブルを埋めた。

チキンカレーとシーフードカレーが秀逸で、わたしたちはその秀逸を繰り返し味わった。

 

この日の行き先はパヤ島。

マラッカ海峡に浮かぶ自然豊かな小島である。

ランカウイから小舟に揺られ一時間。

 

浅瀬にも魚群が見える。

どこまでも透き通った南の海にスキンダイビングして身を浸し、魚と戯れ半日過ごす。

まさに夢見心地。

 

ホテルに戻りロビーで休憩。

夕飯の店についてホテルスタッフからいろいろと意見を募る。

タイ料理なら、THE ROSE TEA が抜群においしい、との声に従った。

 

食べ物については地元の人の言葉がいちばん確かだ。

トムヤンクン、焼きめし、エビにフィッシュにビーフにオムレツ、各種シーフード、わたしたちのほっぺは落ち続けることになった。

 

そして夕刻、結構な人出でにぎわうストリートをぶらり散策する。

満月以外、なにもかもがエキゾチックでそこにいるだけでとても楽しい。

 

最終日は、街を練り歩くことにする。

子らとは別行動し、空港で待ち合わせる。

彼らは、付き添いなしの独力で異国を探訪することになる。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20160818065328j:plain