KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

この夜、芦屋で集まった

JR芦屋駅を降り駅のアプローチを北へと進む。
ラポルテ沿い、こちらに向かってくる人影に目が留まる。

フォーユーの相良さんであった。

数多く、医師の開業をガイドして信頼絶大の九州男児。
男ならこのような友人が必ず一人あった方がいい。
何かあったとき頼りにできる。
その安心感がバックにあってこそ思う存分、前傾姿勢で人生と渡り合える。

相良さんと一緒になって地上への降り口を探し交差点に出る。

向かうは芦屋名店の安愚楽。
今夜、飲み会の場所。
以前、谷口や阿部やタローと訪れ、天六のいんちょがいたく気に入った。

相良さんに先を譲られ店に入る。

店の奥、すでに天六のいんちょが陣取っていた。
横に家内が座りわたしがその横。
順々に詰めて座る。

相良さんはカウンターのもう一方の端に腰掛ける。
このような細かなところに配慮行き届くのはA型だからであろう。

真夏であっても自転車で往診する天六のいんちょである。
聞けば、本当にこのところ容赦無いほどの激暑だそうだ。
そのような話を聞きつつまずはビールで乾杯する。

やがて続々、今宵メンバーが勢揃いし始めた。
安本先生に続いて森先生が現れた。

この日、紅一点となった家内ははじめて安本先生にお目にかかったが、そのお人柄に感服したようであった。
ほっと心落ち着く温かさがにじみ出ている。
誰だって、心安らぐ。

それに加えて、森先生の語りが楽しく、家内は終始笑いっぱなしであった。
これはもう、誰だって楽しく、いつだって楽しい。

そして、しんがり、鷲尾先生が現れた。
わしお耳鼻咽喉科はまもなく開院5年目になる。
来院者を大切にする気持ちに一切ゆらぎがないからだろう。
同じ地元でわたしも家内もその噂を度々耳にするが、ここまで一貫して評判の先生はそうそういない。

安愚楽の料理は相変わらずの絶品であった。
皆で感嘆しつつ、各自またの来店を胸に期した。

くつろいだ雰囲気のなか、かなりお酒の進んだわたしであった。
毎回毎回、とても素晴らしい飲み会となって大満足だ。
次回はどこと話が決まったのだろう。
大阪の寿司屋、黒杉の名が挙がっていたような気もするし、我が家でやるとの話も聞こえた。
酔ったわたしには定かではないが、どこであろうとこんな良きメンバーと杯酌み交わせるのであるから幸せだ。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20160827082014j:plain