読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

友だちと映画を見て飯を食う

強い台風16号が南西方面から迫りつつあり天気予報は大雨を告げている。
が、外を見るとお湿り程度。
ぱらつく小雨が地上の音を余さず吸い取り日曜朝、あたりはしんと静まり返っている。

友だちと映画を見て飯を食う。
そう言って二男が出かける支度をしている。
人数は5,6人。
難波で集合なのだという。

お金を渡し玄関まで見送る。
空を見上げ二男は折畳傘を携えた。

二男が出発してから小一時間、長男が起き出し支度を始めた。
難波で友だちと映画を見て飯を食うのだという。
誰と行くのかと聞けば我が家常連のメンバーら5,6人。

お金を渡し玄関まで見送る。
彼は傘を持たずに出かけて行った。

雨模様の日曜日。
男同士で映画行くのが微笑ましい。
ともに行き先が難波であるから、両グループがどこかで鉢合わせすることもあるかもしれない。

十数人が連れ立って同じ映画を見る様子を想像してみる。
やはりなおさら微笑ましい。

皆で集まって過ごすのがやたら楽しいという年頃だ。
映画や飯、というのはいわば付録のようなもの。
要は集まれればいいわけで、どこで何をするのか、なんていうのは二の次三の次のことである。

友だちと過ごすちょっとした時間。
何でもないような時間に思えて、実はとびきりの価値を持つ。

不思議な縁で出会って馬が合い、一緒にいて楽しい。
これこそが人生の彩り。
いつか先々振り返ったときそこが光ってキラリ輝く。

長男からメールが入った。
「君の名は」に感動した。
おすすめだよ、観た方がいい。

彼らはこれから引き続き二本目の映画を見るのだという。

わたしは二男にメールする。
「君の名は」が面白いらしい。

この情報を二男が参考にするかもしれない。

いま彼らは難波にいる。
仲間に混ぜてもらっているような気がしてきて、年甲斐もなく楽しい。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20160918125359j:plain
Photo by Adolf Fassbender