読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

ウォークマン聴く猿みたいになって過ごす小一時間

クルマで駆け廻る月末である。

ハンドル握れば脳の周波が移ろって意識が変性する。
ある種の静けさのなか身を置かれたような状態となる。

思考の出力にも変化があって面白い。
だからたまには長時間運転するのも悪くない。

この日は大阪北河内某所。
さる資材置場が集合場所となった。

待ち合わせよりも早くに到着し、しばし待つ。

がらんとした空き地のような場所。
隅に資材がぶっきらぼうに積み上げられている。
ときおり師走間近の冷たい風が吹き込んで砂塵が上がる。

塀際ではさっきから警察が現場検証をしている。
被疑者という札を前後につけた刑事が二人、塀を乗り越え置場のなかを歩く。
その後に鑑識が続いてメモを取り写真を撮る。
窃盗事件でもあったのだろう。

殺風景な場所を舞台に演じられるサイレント映画の一シーンのようにも見える。
わたしは運転席に座りながら、その無音の劇をぼんやり眺める。

まもなく迎えのクルマがやってきた。
それに同乗し打ち合わせ場所に向かった。

終わったのは夕刻。
事務所に連絡だけ入れわたしは仕事をあがった。
クルマ走らせ帰途につく。

和らかの湯に寄る。
明日も長く運転することになる。
運転の疲れを持ち越さぬため風呂は必需だ。

つぼ湯につかって弛緩する。
視界に感じられるのは夜空を背景に灯る露天照明の微光だけ。
意識まどろむ。

すぐ上にスピーカーがあって、クリスマスソングが静かな音量で流れている。
ウォークマン聴く猿みたいになって沈思の時間を過ごす。

せっせと労務に服したあとは、静かな場所でゆったりするのが一番いい。
静けさが何より心を癒やす。

風呂で過ごして小一時間。
まもなく子らの顔が浮かんでくる。
そろそろ帰ろうと、湯を上がった。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20161130090040j:plain
Vincent van Gogh, Digger, 1882