読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

青く光る星の上で

駅を降りて家に向かって歩く。
四つ辻で部活帰りの二男と出くわした。
どうやら同じ電車に乗り合わせていたようだ。

並んで歩く。
上空では宵の明星が煌々と輝いている。

部活の話を聞きつつ、ふと思う。
金星からだと地球はどんな風に見えるのだろう。

二人で少し考える。

外惑星にあたるから満ち欠けはない。
金曜よりも太陽から遠く、金星のように光を反射させる分厚い雲もない。
だから金星ほどは明るくない。

が、光る色には特徴があるはずだ。
大気があるから海や空と同じ色、地球ははるか彼方から見ても鮮やか青く光る星であるに違いない。

二人して青く光る星を頭のなか思い浮かべながら、その上を二人で歩く。

家に戻ると外で食べようとの話になった。
リクエストを募ったところ満場一致で寿司に決定。

大食漢引き連れて値の張る寿司屋はあり得ない。
大起水産あたりが手頃だろうと話がまとまりかけるが、待ったが入る。

週末である。
長蛇の列の最後尾、長時間待たされることは明白だ。

では、どこへと頭を巡らせ、思いついた。
まさに灯台下暗し。

尼崎のキューズモール。
そこに昨年、もりもり寿司が店を出した。
通りかかったことがあったが空いていた。

異議唱える者はなく、わたしの提案で可となった。

ちょうど去年の正月。
家族で金沢を訪れた。
人気店だと勧められ、近江町市場で列に並んで待つこと一時間。
美味しかったという思い出がまだその鮮度を保っている。

そんな名店が近くにできてわたしたちを待っている。
行かないという選択自体があり得ない。

電車を使って家族で出かける。
青く光る星の上を電車が走ってすぐに尼崎。

西宮ガーデンズと異なり尼崎キューズモールの賑わいは至って控え目だ。

待つことなくテーブル席に案内された。
注文は家内の役目。
そうでないと皿が積み重なって青天井となる。

青く光る星の魚は結構うまい。

大いに喜んで食べる家族の姿を眺めつつ、わたしはビールに続いて加賀の国の日本酒を味わった。

とてもいい食事となった。
お腹いっぱい大満足。

青い光に包まれて、家族連れ立ち家路についた。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20170206141728j:plain
Earth at Night