KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

たった一度、一回こっきりの巡り合い

クルマを停め坂をあがると偶然そこに弟がいた。
まるで待ち合わせでもしていたかのよう。

来る途中、人気パン屋乃が美に長蛇の列ができていた。
開店の時間は11時。
時計見るより正確に長蛇の列がいまの時刻を告げていた。

弟は側道のガードパイプに腰掛け空を見上げてタバコをくゆらせていた。
目が合って、やあと二人して手を上げた。

清風高校では親子での面接となるのだろう。
受験生らが母を伴いぞろぞろと坂を上がっていく。

その様子を背に見ながら二人横並びになる。

吐く息とタバコの煙が混ざり合う。
今季最強クラスの寒波が日本列島を覆い、各地で記録的な大雪となっている。
雲ひとつなく晴れ渡って地表は丸肌同然、大阪も厳しい寒さに見舞われている。

わたしは10年以上も前にタバコをやめたが、漂ってくる煙の匂いが嫌いではない。
が、真横に腰掛けていても弟の煙に匂いを感じない。

聞けば煙のように見えて実は水蒸気なのだという。
タバコの世界も日進月歩のようである。

用事の時間まで話し込み、じゃあと手を上げそこで別れた。

小一時間ほどで所用をすませ坂を下って精算すると駐車料金は1200円。
休日であっても市街中心地は割高だ。

馴染みの街路を走って事務所に戻る。
昔も今もこの先も、何度でも繰り返し行ったり来たりする道である。
背丈に応じ四季折々ここらの様子を目に収めてきた。

バルナバ病院が目と鼻の先にある。
わたしが生まれ、弟が生まれ、そして、わたしの息子たちもそこで生まれた。

ここは我らを結ぶへその緒地点と言ってもいいだろう。

どういった偶然か、同じ場所で産声を上げ、縁あってこの世で出会った。
たった一度、一回こっきりの巡り合いである。

ともに過ごして時が経ち、いつかはるか先、別れのときも訪れる。
定めであるから何人たりとも避けられない。

そしてもうその後は、会うこと叶わず、間近で顔見て話すなどあり得ないこととなる。

だから、それまでの間、書き留める。
書かなければ、せっかくの大事な場面まで失われてしまう。

順番で言えばわたしが真っ先お役御免となるのだが、たくさんの思い出を書き残し、それを置き土産にして驚かそうと企んでいるので、去った後でも楽しみだ。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20170213131623j:plain
Henri Cartier-Bresson: The Decisive Moment