読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

弁当箱を開けると光あふれた

夕飯までまだ間があった。
ウォーキングしようと連れ出され日曜夕刻、自宅界隈を並んで歩いた。

ふんわり春の匂いが漂って、気持ちがほのぼのなごんでいく。
この街で迎える何度目の春だろう。

地元神社に差し掛かり、鳥居くぐって二人して手を合わせた。
またこうして家族元気に春を迎えることができる。
感謝、感謝。

一時間ほど歩いて小腹も空いた。
もと来た道を引き返し自宅に戻る。
空腹の度が増していく。

子らは昼に名店マンジェのヘレカツサンドを食べ、3時のおやつに手製のたらこパスタを食べたようであった。

カツサンドもパスタもまだたっぷりと残っている。

夕飯はそれでいいよ、とダメを承知で所望してみる。
案の定、即座わたしの願いは却下された。

中年が夜に食べるものではない。
家内はそう言った。

わたしの前に豆腐の入ったサラダが置かれた。
サラダだから野菜が入っているのが当たり前だが、それにしても野菜の量が多すぎた。
食べても食べても野菜が減らない。

お代わりしていいよと家内は言うが、野菜ばかりではちとつらい。
次のメニューに希望を託す。

が、出てきたのは野菜スープ。

草食系なら夢見るほどの野菜三昧。
わたしは野菜が好きで好きでたまらない。
そう自らに言い聞かせ、汲めども尽きぬ野菜と対峙し続けた。

一夜明け、月曜。

早朝の事務所でわたしは弁当箱を開けた。
物憂さが一気に晴れ、わたしの顔からは光が放たれたに違いない。

そこにはマンジェのカツサンドにパスタが詰められていた。

中年であっても朝なら全てが許される。
感謝、感謝。

日本一おいしいマンジェのカツに、家内十八番の手製のパスタ。
月曜朝から幸先いい滑り出し。
視界良好、足取り軽快、行く手を阻むものは何もない。
リズムに乗って、今週も楽勝と相成ることであろう。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20170302150939j:plain
Emmy Andriesse