読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

特技あるのは素晴らしい

夕飯の後、ウォーキングに誘われた。
午後の陽気がウソのよう。
寒気に覆われ夜は真冬並みの冷え込みである。

白い息を吐きながら家内に付き従って界隈を歩く。

途中スーパーに寄る。

広告の品は一人2個まで。
家庭用洗剤などが大安売りとなっている。

なるほど、合点がいった。

頭勘定にわたしも入れれば、計4個。

あれもこれもと全種4個ずつ揃えればかなりの量で腕ちぎれるほどの重さとなる。
誘い出された訳である。

両手に荷物を引っさげて、来た道を引き返す。

一緒に歩きつつ感心する。

男子であれば、少々安いくらいでわざわざ足を運ばない。
節約するなら他に方法も思いつく。

安売りに惹かれたところで、チリが積もってヤマになるわけがなく、チリはあくまでチリのまま。

そう思うから、不肖男子はチラシを手にとることさえない。
一方、女子は身を置くフィールドが男子と異なる。

一種の生活ゲームに参戦しているようなもの、と言えるのかもしれない。
金銭にガツガツするというよりは、ゲインとロスを競うゲームのような感覚。

ゲインすれば任務を全うしたようなものであり、この満足感は果てしなく大きい。

だから、帰途の家内はすこぶる機嫌がいい。
春の旅行について話題はもちきり、もう寒さはどこへやら、である。

毎回違った場所を訪れるのでなければ旅行じゃない。
その持論にわたしも賛成。

世は未踏の地に溢れている。
だから候補地について話は尽きず、話題にするだけでやたらと楽しい。

そのようにご機嫌麗しく帰宅したのであったが、リビングは戦場と化していた。

ちょうどいまが試験中。
この時期だけは目の色変わって、能率ともかく、子らはふれたように勉強すること余儀なくされる。

レベル高く分量多い。
そんじょそこらの負荷ではない。
とくに兄貴の学校が求めるハードワークは、意気地なければ到底耐え抜ける域のものではないだろう。

わたしであれば身がすくむ。
助け求めてシクシク泣き出すかもしれない。

そうは思うが、黙って見守る。
乗り越えてこそ男子。

先々立ちはだかる壁はもっと高く分厚く、坊っちゃんお嬢ちゃんではあるまいし、これくらいで滅入っている場合ではない。

だから心を鬼にし尻叩くのであるが、もちろん一方で、こまめな給水も欠かさない。

我が家の給水担当は家内。
わたしは先だってペヤング買って罷免された。

あれやこれや消化の良い食べ物をたんと用意し、彼らがクタクタになれば、家内十八番のアロマのマッサでその疲労を和らげる。

このときも長男が首を回して、疲労の色が濃くなっていた。
その肩に手を置いて、ちょいちょいと家内がミントのアロマでマッサを施した。

一服の清涼とはまさにこういうことを言うのだろう。
子らに続いてわたしもアロママッサをしてもらったが、たちまち呼吸が楽になり、重い荷を運んだ疲れもやわらいだ。

特技あるのは素晴らしいことである。
家族のためにと学んで覚えたアロマとマッサが、実際に我が家男子の奮闘に大いに役立っている。

ふと思う。
このような何気ない一場面、そっと肩に置かれた手の温かみを、子らは生涯忘れることはないだろう。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20170308132936j:plain
Paul Pat, Girl in gallery