読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

大阪人がする大阪見物

道頓堀川を渡る人影は引きも切らない。
何か祭事でも行われているかのようにごった返している。

食事しつつ目をやっていると、突如雨が降り出した。
眼下、一斉に傘が開いて景色が様変わりした。

無数の人が雨で右往左往しごちゃまぜになって、真下の雑踏が河川増水して生じた渦のようにも見える。

白ワインを味わいながら、家内と差し向かい。
とれとれぴちぴちのかに料理を堪能する。

店内は富裕に見える外国人観光客で埋め尽くされている。
かに道楽本店は、観光コースに組み入れられているのだろう。

あいにくの天気となったがなかなかの眺望で、悠々とした気分を心ゆくまで味わえる。

大阪人だが、たまの大阪見物もいいものだ。

食事を終え傘差し向かうは、よしもと漫才劇場。
テレビとライブとでは大違い。
芸人さんの声量に驚かされ、面白さも倍増。

家内と揃って大笑いする時間を過ごすことができた。

笑い疲れて、夕刻。
高島屋の人混み縫って食材買って帰途についた。

千日前線に並んで腰掛ける。
西へと進むほど閑散としはじめて、気持ちが落ち着く。

家では更に安らいで、雑踏疲れが癒えていく。

やはりミナミは若者の街。
そこで過ごして楽しむには体力が必需。

次回はしばらく間を開けての参上、となるだろう。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20170327063429j:plain
Tokyo Story,  Yasujiro Ozu 1953 Japan.