KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

いつの日にか満開

日曜午後、汗ばむほどの陽気に恵まれた。
花見がてら家内とウォーキングに出かけた。
遠距離ドライブの後は歩くに限る。

芦屋から岡本にかけハイソな地域に紛れ込んで歩く。
我ら下々の居住域とはまるで趣きが異なる。
ひときわ空が明るく広く、街が透明感にあふれている。

だから散策するだけで晴れ晴れとしたような気持ちになれる。

しかし、花見には時期尚早であった。
どこもまだ桜は咲き始めたばかりであり、その美を愛でる域に達していない。

それでもあちこちで花見に興ずる家族連れなどを見かけ、行楽気分のお裾分けに与った。
広げたシートの上に車座になって酒酌み交わし、どこもかしこも笑顔満開。
桜に先んじて人々は春たけなわなのだった。

歩数が15,000を越したところで日も傾いて風が冷気を帯び始めた。
回れ右し夕陽を背に家へと引き返すことにした。

お腹もこなれ、帰途は夕飯について討議重ねることになった。
やはり捲土重来を期すべきだろう、と意見が一致。

前日、ジュリエッタまでたどり着き、しかし席にありつけずすごすごと引き下がった。
このままでは悔いが残る。

同じ轍を踏まぬようこの日は予約を入れて満を持した。

午後6時過ぎ。
カウンターに並んで座る。

たっぷり歩けばビールが美味い。
前菜つついてビールを飲み、引き続いてはおすすめの白ワインで乾杯する。

日曜夕刻、女房とワイン酌み交わすのも乙なものである。
この夜はじめて頼んだ子羊のローストが特筆美味で、締めのビールが旨さを増した。

食事を終えてもまだ時刻は宵の口。
道中にあるガーデンズに寄ってレイトショーでも観ようとなった。

ちょうど午後8時。
ドンピシャでラ・ラ・ランドが始まる時間に重なった。

並んで座ってその世界に引き込まれあっという間の2時間。

とても素晴らしい映画であった。
ストーリーに重ね合わせ、誰もが過去を振り返ることになる。
ぐるり一巡り、移ろい過ぎていった時間を追想し、現在地点を噛みしめるような思いとなる。
夫婦で観るのにうってつけの映画と言えた。

映画終わって夜10時過ぎ、ほろ酔い上機嫌の夫婦は家路についた。
家では子らが待つ。
いつの日にか満開。
そう夢見るような、長く記憶に残る春の一日となった。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20170403132411j:plain
Michael Nash, Warsaw, 1946.