読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

母の日があるからこそ

花屋の店主に明るい色合いでとだけ答え、黙ってその手際いい作業に目をやる。
あっという間、ぱっと華やぐような花束が出来上がった。
まさに注文通り。
見ているだけで心にも花咲くようであって間違いなく明るくなる。

花束を助手席に乗せクルマ走らせ途中で弟と合流。
久々実家を訪れた。

たまには外食しようと店を予約してあった。
向かうは桃谷名店、焼肉ソウル。

さすがに母の日、店は混み合っていた。
親子対面する形でテーブル席に腰掛ける。

皆はビールでわたしは烏龍茶。
この日がピロリ除菌の最終日。
焼肉であろうが何であろうが天六いんちょの言いつけは絶対だ。
この7日間、最後まで抜かりなくわたしはアルコールを遠ざけた。

肉が続々と運ばれてくる。

まずは塩タン。
そして、赤身定番のラインナップ。
ロース、ハラミ、バラ、カルビ。
選手交代し、次に白身の軍勢が現れる。
ミノサンド、アカセン、テッチャン。

子らがいればその大半は彼らが平らげるのであるが、今日は大人だけの取り合わせ。
となると、中年なのにわたしと弟が子の役回りとなる。

いつまで経っても親は親。
焼けるが先にわたしと弟に肉をどんどこ寄越してくる。

我らも子に徹し、童心にかえったみたいになってうまいうまいとぱくついた。
結局その大半はわたしたちの胃袋に収まることになった。

何よりもまず子が肝心。
下町の一角でのささやかな暮らしのなか、わたしたちはまさにそのように育てられたのだった。

焼肉ソウルの肉は最上等であるが、冷麺も格別。
わたしが知るなか最も美味しい焼肉屋、しかもダントツと言っていい店である。

美味しさが感動となって、ちょっとしたような時間の記憶が鮮明に彩られる。
だからいい思い出を作るなら何より食事が肝心ということになる。

お腹もふくれて、満たされる。

日頃は口にできなくても、母の日だからこそ照れずに言える。
ありがとう、いろいろほんとうにありがとう。

心からそう思え、素直に感謝表明する食事の場となった。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20170515075157j:plain
Izis Bidermanas8, Impasse Florimont, Paris, 1948.