KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

自分の足で歩いてこそのハッピーアワー

7月11日の朝日新聞に漫画家の西原理恵子さんのインタビューが掲載されていて、いつか読もうとそのページだけ取り分けていた。

今日になってやっと。
客先へ向かう電車のなかで目を通した。

『今ね、人生で一番幸せなの。
80歳までこののま幸せだと思ったら、笑いが止まらない。
ハッピーアワーという時間だと思っています。
年取ると楽しいよ』

西原さんの言葉に触れ、自分までなんだかハッピーであるかのように思えてきた。
幸せのお裾分けに預かったようなものだろう。

『自分の幸せを人任せ』にせず『お寿司も指輪も自分で買おう』とあるように、そもそもが女子に向けての西原さんのメッセージであるが、男であってもついつい『王子様を待つ』かのような依頼心を持つこともあるので、男女問わず耳傾けるべき言葉だと言えるだろう。

『今ね、人生で一番幸せなの』
人生の先輩の晴れやかな言葉を噛みしめれば、このまましっかり積み重ねていけばいいのだととてもシンプルな気持ちになれて腹が据わる。

いつか見晴らしよい場所に到達し、そこで心地よい風に吹かれる。
想像するだけで気持ち高ぶる。
自分の足で歩いてこそのハッピーアワーなのだろう。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20170728164131j:plain