KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

日曜日の朝

ホテルのプール開くのが朝6時。

わたしは一番乗りだった。

 

天窓から朝の陽射し降り注ぎ水しぶきがキラキラ光る。

監視員以外誰もいない、水の音だけ満ちる空間でたっぷり泳いだ。

 

シャワーを浴びコーヒー飲もうと近くのスタバを探すが多すぎて訳が分からず結局ホテルのティーラウンジで過ごすことにした。

 

家内も降りてきた。

一緒にお茶する。

日曜日朝、とても静かである。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20170813095651p:image