KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

上海の締めは夜景

この日、まっちゃんに上海を案内してもらった。

運河をフェリーで渡る。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20170814054002j:image

見晴らしのいい場所でビールを傾け

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20170814054029j:image

夕食は上海蟹のコース料理。

絶品をまっちゃんが振る舞ってくれた。

ハイレベルな美味堪能し紹興酒を飲み干した。

乳がんに対応できる日本人医師は上海に一人しかおらず、それがまっちゃんだとはじめて知った。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20170814054143j:image

食後、運河のこちら側に戻った。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20170814055326j:image

外灘18号にあるバーに入って、締めは夜景を見つつのモヒート。

五星紅旗が夜風になびいて、出会った中国人の顔があれこれ浮かんだ。

みな良い人だった。

我が国の中国評はちと辛口に過ぎるのではないだろうか。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20170814003009j:image

ホテルへの帰途、土砂降りの雨が降り出した。

わたしは慌てたが、まっちゃんに抜かりはなかった。

雨の予報だったとのことで、まっちゃんは折り畳み傘を人数分カバンに忍ばせていたのだった。

上海最後の夜、雨によって旅の記憶が一層深まることになった。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20170814055850j:image