KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

めでたくも弛緩しきった日曜日

久々、仕事の手が空いた。

時間を愛おしむかのように深く呼吸し、朝の時間を過ごす。

 

コーヒー飲みつつ新聞を読み、眠くなってはソファに寝転ぶ。

映画を流し横目で観て、夢と現を行き来する。

この日に限っては向こうに行きっぱなしでも何ら差し支えない。

 

いつのまにか、昼。

家には二男とわたしだけ。

 

寿司を食べよう、そう持ちかけられて二人で出かけた。

 

カウンターに横並び。

注文の仕方は通とは正反対。

食べたいものから職人さんに告げていく。

 

大トロ、うなぎ、いくら、タイ、タコ、ヒラメ、いか、げそ、中トロ、本マグロ、ハマチ、中落ち、カンパチ、トロ鉄火。

秩序もへったくれもなく、目に入った順に頼んで一貫ずつ二男と分ける。

 

彼もわたしも大食感。

 

カウンターに並んで、リズム良く歌でも熱唱するみたい。

寿司を頼んで、パクリ頬張るときだけ押し黙る。

 

結局、何を食べたのか。

寿司食べた。

そんな大雑把な記憶だけが残る男らしい昼食となった。

 

夕刻、家内から迎えの要請がある。

 

ドライブがてら事務所近くのジムに寄ってから、指示された場所に向かう。

 

ちょうど日暮れ時。

淀川大橋は一車線なので大渋滞だ。

 

車列は遅々として進まないが、橋の向こうに夕陽が落ちる。

その様子を見ているだけで、心がふんわり和らいでいく。

 

橋の欄干越し、夕陽を捉えんと誰かがカメラを向けている。

それにつられて、わたしはその背ごと写真に撮った。

 

家内をピックアップし、買物しようとスーパーに寄る。

カゴを提げ、女房のうしろを付いて歩く。

今夜は鍋になるようだ。

 

息子は映画を観に出かけて留守。

十数年もの腐れ縁同士、鍋を挟んで向き合った。

 

二万語聞きつつワインを飲み適当に相槌を打つ。

このように、めでたくも弛緩し切った日曜の時間が幕を閉じていった。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20170828160657j:plain