KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

楽しみまでのこの距離感がたまらない

この日アフター5はジムではなく風呂。

阪神高速を飛ばしての帰途、鳴尾で降り熊野の郷に飛び込んだ。

 

湯につかって寝そべって過ごし半時間。

風呂は好きだがそれが限界。

 

脱衣所で着替えてまずは携帯をチェックする。

ほっと一安心。

急な用事などは何もない。

 

携帯を手にするようになってはや15年。

持ったが最後、片時も手離せないのが厭わしい。

 

知り合いの会計士さんは言っていた。

携帯に出ないで済むようになること。

それが彼の夢なのだという。

 

日頃相当電話に心身を痛めつけられているのだろう。

分からないでもない。

 

突如、アラームが鳴る警報機器を所持させられているようなものである。

目覚まし時計ならいつ鳴るかあらかた予想はつくが、携帯については出物腫れ物ところ構わずであって、まさかこんなときにと不意ついてブルル不穏に震える。

 

いちいち肝が冷え、ほっと胸を撫で下ろす。

それをずっと繰り返す訳だから、そこからの解放を夢見るというのも納得できる。

 

そんな風に憎々しげに携帯を見つめていると、メッセージが入った。

「おもしろい話がある」

家内からであった。

 

今夜の2万語はいつもより多目になるのだろう。

 

風呂を出て酒屋に寄る。

よく冷えたビールを買って家路についた。

 

家内がおもしろいと言うのだから必ずおもしろい。

果たしておもしろい話とは何だろう。

 

気になって気持ちは急くが、あえて呼吸を整え心落ちかせる。

 

楽しみまでのこの距離感がたまらない。

そのプロセス含め全部が楽しいものとなる。

 

この後わたしはどんな面白い話を耳にするのだろう。

ああ楽しみだ。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20170929120258p:plain

Robert Doisneau, Parents in kitchen with 5 children, Paris 1950.