KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

日曜の昼、ただ書いただけの日記

昨夜はルポンドシェル。

赤に白にとワインを飲んで、四日ぶりのお酒だったせいもあるのだろう、朝起きてだるい。

 

せっかくの日曜、倦怠感を覚えたまま過ごすのは勿体ない。

 

朝食は取らず、ジムで一汗流すことにした。

テレビの情報番組を眺めつつ、一時間走って気分爽快。

 

シャワーを浴びて外に出ると、空気がキリリ冷えて締まって清涼なことこの上ない。

 

こんなときはラーメンに限る。

久々、野田の旭屋の暖簾をくぐった。

 

やはりラーメンは肉体派のための滋養の糧。

運動後、その味わいは倍増しとなる。

 

ぺろりと平らげ、まだ昼の時間。

日曜はまだまだこれから。

 

さあ、何をしようと考え巡らせ、結局はいつもと同じ。

 

じっくり目を通そうと取り分けた新聞記事は結構な分量あり、ぜひとも読もうと買ってある書籍はうず高く積み上げられ、観ようと思って借りてある映画も相当数にのぼっている。

 

わたしにとっては、ちょっとした学びの時間で幸せタイム。

 

ご飯が美味しく感じられ体調すこぶる良く、仕事でささやか果たす役割があって、休みの日に好き勝手学びたいことを学び放題。

 

わたし流のスタイルで、日曜のくつろぎを思う存分満喫できる。

こういうのを充実というのだろう。

f:id:KORANIKATARUTOKIDOKI:20180128121306j:plain

2018年1月28日 ジムを終えての昼食 野田の旭屋