KORANIKATARUTOKIDOKI

子らに語る時々日記

地下に降りる

急に歩きたくなった。
事務所から家まで12.3km。
これを歩くことにした。
いままで考えたこともないことだった。

へとへとになる心地よさに心底開眼してしまった。
どうしてもクルマに乗らなければならない日以外は、歩く。

何のために一日を過ごすのか。
いまや答えは明確だ。
仕事後、束の間の解放感に浸りつつ、一直線、ぐんぐん歩く。
一日のうち最も喜ばしい時間となった。

人の居宅は主要な三層からなる。
地下の基礎工事部分と、世間とつながる地べたの1階、そして2階には青雲の志が住む。

男子であれば、1階に身を置き仕事に明け暮れる。
それが当然だが、そんな人生平べったに過ぎる。

1階の運営がうまくいっていれば、地下や2階でもひと時過ごそう。
是非とも過ごさねばならない。

ひたすら歩く。
深い沈黙のなか、自己の内面の地層をひとりで巡る。
間違いなく、地下に滞在する時間だ。
草原を渡り、海を越え、心の中の都を目指す。
地べたの夾雑物からどんどん遠く離れてゆく。
穏やかで満ち足りた幸福感に浸る。
ただただ歩く。

地下は滋養に満ちている。
地下効果で、地べたでも元気はつらつだ。
2階に住む青雲の志へもみつみつとエネルギーが供給される。
このまま行けば、もう2階ではおとなしくしてられないだろう。
地下から2階、さらにその先へ。

朝から晩まで地べたで過ごすより、気持ち高ぶる。